剛柔流とは

剛柔流とは

青龍館の剛柔流空手は、わが国4大流派の1つに数えられる歴史と伝統を誇る空手道です。剛柔流は宮城長順(明治20年~昭和28年)を開祖とし、沖縄空手の首里手(主として遠距離戦)と那覇手(主として接近戦)の大別の内、那覇手に属します。那覇手の一大流派であった昭霊流(東恩納 寛量が署名)を母体として発展してきた、沖縄古参の流派の一つです。

宮城長順は

沖縄那覇市内に生まれ、14歳の時より東恩納寛量に師事。師の命により、明治36年に若干16歳で中国福建省に単身渡航。福建派の拳法の劉龍公に師事し、拳法を習得し帰国。後に剛柔流空手を創設しました。

後に故山口剛玄(写真右)を中心とし、日本、及び世界各地に普及されました。

▲